コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントー省 カントーCan Tho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カントー〔省〕
カントー
Can Tho

旧称ハウジャン Hau Giang省。ベトナム南部の省。省都カントーメコン川デルタの中心部を構成する省の一つで,メコン川の分流のうち最も南を流れるハウジャン (バサック) 川の最下流部右岸を占め,東は南シナ海に面する。主産業は米作で,沿岸部を除くほぼ全域に水田地帯が広がる。米の集散地として発展したカントーはメコン川デルタ最大の都市である。ハウジャン川を中心に運河網が発達している。面積 6161km2。人口 169万 5000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android