コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンヌン(江陵)市 カンヌンGangrǔng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンヌン(江陵)〔市〕
カンヌン
Gangrǔng

韓国,カンウォン (江原) 道の中部東海岸にある市。 1955年市制。韓国の東海岸で最大の平野にあり,テグアルリョン (大関嶺) 峠でテベク (太白) 山脈を越えて西海岸に出る道路もあるため,古くからヨンドン (嶺東) 地方の中心地として発達してきた。新羅時代には溟州の州治,高麗時代には東原京,溟州牧などとなり,李氏朝鮮では江陵大都護府。ヨンドン鉄道と,テベク山脈を越えるヨンドン高速道路が通じ,農水産物の集散が盛ん。周辺は韓国有数の黒鉛産地で,沖合いはスケトウダラなどの好漁場。観光地として急速に発展しており,海水浴場のキョンポデ (鏡浦台) ,大関嶺スキー場などが有名。李栗谷の生家を保存したオジュクホン (烏竹軒) は国宝に指定されている。面積 73.5km2。人口 15万 2605 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カンヌン(江陵)市の関連キーワードテグアルリョン(大関嶺)峠カンウォン(江原)道ウォンジュ(原州)市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android