コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンピオン カンピオン

3件 の用語解説(カンピオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンピオン
カンピオン

「キャンピオンキャンピオン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カンピオン【Jane Campion】

1955~ ) ニュージーランドの女性映画監督。「ピアノ-レッスン」が高い評価を受ける。他「スウィーティー」「エンジェル-アット-マイ-テーブル」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンピオン
かんぴおん
Jane Campion
(1955― )

映画監督。ニュージーランドウェリントン生まれ。父は演出家、母は女優という演劇一家に育つ。現在はオーストラリア在住。ウェリントンのビクトリア大学で人類学を専攻。21歳のときロンドンに行きチェルシー・スクール・オブ・アーツで、ついでオーストラリアのシドニー・カレッジ・オブ・ジ・アーツで視覚芸術を学ぶ。さらに1981年から1984年までオーストラリア・フィルムテレビ・スクールで学び、在学中に撮った3本の短編のうちの『ピール』(1982)が1986年カンヌ国際映画祭の短編映画部門でグランプリを受賞した。1990年、『エンジェルアット・マイ・テーブル』がベネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞、新進女性映画作家の出現と世界の注目を浴びる。1993年には『ピアノ・レッスン』でカンヌ国際映画祭パルム・ドール大賞受賞。いずれも女性を主人公にした作品で、世界の代表的な女性監督となった。[品田雄吉]

資料 監督作品一覧

ピール Peel(1982)
キツツキはいない Passionless Moments(1983)
彼女の時間割 A Girl's Own Story(1984)
ルイーズとケリー Two Friends(1986)
スウィーティー Sweetie(1989)
エンジェル・アット・マイ・テーブル An Angel at My Table(1990)
ピアノ・レッスン The Piano(1993)
ある貴婦人の肖像 The Portrait of a Lady(1996)
ホーリー・スモーク Holy Smoke!(1999)
イン・ザ・カット In the Cut(2003)
それぞれのシネマ~「レディ・バグ」 Chacun son cinma - The Lady Bug(2007)
8 Eight~「ウォーター・ダイアリー」 8 - The Water Diary(2008)
ブライト・スター いちばん美しい恋の詩(うた) Bright Star(2009)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンピオンの関連キーワード中野三允森山観溪阿万港伊方港弓削港バシリスアグネス チャンディルクセン菊富士金盛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンピオンの関連情報