コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンボジア和平

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カンボジア和平

75年、極端な共産主義思想を掲げるポル・ポト派が政権を握り、自国民の虐殺を繰り返した。ベトナムの支援を受けたヘン・サムリン政権が79年、政権を奪ったが、ポト派、シアヌーク派、ソン・サン派の3派連合との間で内戦に。80年代後半から国際的な和平努力が本格化し、91年に各派がパリで和平合意。93年、国連カンボジア暫定行政機構(UNTAC)のもとで初の総選挙が実施された。日本は92年、国連平和維持活動(PKO)協力法を制定し、初めてPKOに参加した。

(2006-10-20 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

カンボジア和平の関連キーワード自衛隊のカンボジアPKO東南アジア友好協力条約メコン川下流域開発計画ノロドム シアヌークカンプチア人民共和国アンコール・ワットキュー・サムファンカンボジア人民党国連平和維持費カンボジア紛争ドイ・モイ政策民主カンプチア在越ソ連軍基地アジア新外交ラナリットフン・セン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンボジア和平の関連情報