コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンポアモル・イ・カンポソリオ カンポアモル・イ・カンポソリオCampoamor y Campoosorio, Ramón de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンポアモル・イ・カンポソリオ
Campoamor y Campoosorio, Ramón de

[生]1817.9.24. ナビア
[没]1901.2.12. マドリード
スペインの詩人。ラテン語と哲学を修め,政界で活躍しながら詩作。初期の作品『魂の嘆き』Ayes del alma(1842)などにはロマン派詩人ホセ・ソリリャ・イ・モラルの影響がみられるが,対話形式による風刺詩,哲学的な短詩を集めた『悲歌』Doloras(1845)でロマン主義から離れた。ほかに『小詩集』Pequeños poemas(1871),『ユーモア』Humoradas(1886)。(→スペイン文学

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カンポアモル・イ・カンポソリオの関連キーワードモンローキンダー妙心ユング・シュティリングカラジョルジェ・ペトロビッチ西川扇蔵(2世)宇田川榕菴紀行文学グメーリンスタンダール

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android