カンラン石(橄欖石)(読み)かんらんせき(英語表記)olivine

翻訳|olivine

世界大百科事典 第2版の解説

かんらんせき【カンラン石(橄欖石) olivine】

重要な造岩鉱物の一つであり,斜方晶系に属し,化学組成R2SiO4(ここでRはMg,Fe,Mn,Caなど)で表される一群の鉱物の総称である。端成分はフォルステライトforsterite(苦土カンラン石)Mg2SiO4,フェアライトfayalite(鉄カンラン石)Fe2SiO4,テフロアイトtephroite(テフロ石)Mn2SiO4とモンチセライトmonticellite CaMgSiO4と名付けられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカンラン石(橄欖石)の言及

【結晶構造】より

…ルチルの例ではq=4,ν=6,またi=3であるからQ=4/6+4/6+4/6で,その総和は2となり,酸素原子の形式電荷と正確に一致していることがわかる。より複雑な構造の例としてカンラン石(Mg2SiO4)の構造を図2に示す。この場合でも上述の律則は正確に守られている。…

※「カンラン石(橄欖石)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android