コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カークウッドの空隙 カークウッドのくうげきKirkwood gaps

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カークウッドの空隙
カークウッドのくうげき
Kirkwood gaps

小惑星の周期とその数とのグラフをつくってみると,周期が木星の周期と簡単な整数比をなすところでは,小惑星の数が著しく少い。これを発見者 D.カークウッドにちなみカークウッドの空隙という。木星の強大な重力場による摂動作用により生じたものとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カークウッド‐の‐くうげき【カークウッドの空隙】

小惑星の公転周期(または軌道長半径)に対する数の分布に見られる空隙。木星の公転周期と単純な整数比となる付近では、小惑星の数が著しく少なくなる。米国の天文学者D=カークウッドが、大質量の木星との軌道共鳴によるものであること提唱した。カークウッドの間隙カークウッドギャップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カークウッドの空隙の関連キーワードヒルダ群

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android