カークーイ朝(読み)カークーイちょう(英語表記)Kākwayhids; Kākūyids; Āl-i Kākūyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カークーイ朝
カークーイちょう
Kākwayhids; Kākūyids; Āl-i Kākūyah

11~12世紀,中西部イランを支配したダイラム系 (→ダイラム人 ) 王朝。 11世紀初頭,レイのブワイフ朝に仕えたムハンマド・イブン・カークーヤ`Alā'al-Dawlah Muḥammad "Ibn Kākūyah" (1041/2没) がイスファハン統治を任じられ,ブワイフ朝の衰退に乗じてやがてレイやヤズドをも含む中西部イラン一帯に権力を確立,ガズニー朝およびオグズ族によく対抗した。その没後セルジューク朝の宗主権のもとにレイ,イスファハン,ハマダーンを統治。 1051年にヤズドとアバルクーに配置換えされ,以後セルジューク朝やヤズドのアター・ベグ朝との通婚により 13世紀まで存続した。同朝はイブン・シーナーらの学者,文人の保護者として,またヤズドを中心とする多くのモスク,マドラサ,カナートなどの建設でも知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android