カーク ダグラス(英語表記)Kirk Douglas

20世紀西洋人名事典の解説

カーク ダグラス
Kirk Douglas


1916.12.9 -
米国の俳優
ニューヨーク州アムステルダム生まれ。
本名Issur Danielovitch Demsky。
貧しいロシア移民の子として生まれ、苦学の末大学を卒業。その後舞台を志してAADAに学ぶ。映画デビューは「呪いの血」(’46年)。1949年の映画「チャンピオン」でアカデミー主演男優賞候補となり、成功をおさめた。彼は現代人らしい冷たい側面を見せる主人公をエネルギッシュに演じる新しいタイプの俳優であった。’49年には自らのプロダクションを作りプロデュースをする一方監督もした。出演作品「探偵物語」(’51年)、「悪人と美女」(’52年)、「炎の人ゴッホ」(’56年)他多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

カーク ダグラス

生年月日:1916年12月9日
アメリカの俳優;映画プロデューサー

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

カーク ダグラス
Kirk Douglas

職業・肩書
俳優,映画プロデューサー

国籍
米国

生年月日
1916年12月9日

出生地
ニューヨーク州アムステルダム

本名
デムスキー,イサー〈Demsky,Issur Danielovitch〉

学歴
セイント・ローレンス大学〔1939年〕卒

勲章褒章
自由勲章(米国大統領)〔1981年〕, レジオン・ド・ヌール勲章〔1985年〕

受賞
アカデミー賞名誉賞(第68回,1995年度)〔1996年〕,ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(第14回,1956年度)「炎の人ゴッホ」,ゴールデン・グローブ賞セシル・B.デミル賞(第25回,1967年度),AFI生涯功労賞〔1991年〕,ベルリン国際映画祭金熊名誉賞(第51回)〔2001年〕

経歴
両親はユダヤ系ロシア移民。家庭が貧しかったため早くからプロレスラー、ボーイなど多くの職業に就いた。舞台を志し、アメリカ演劇アカデミー(AADA)を卒業後、第二次大戦に従軍。除隊後連続ラジオ・ドラマやブロードウェイのショーに出演。1946年「呪いの血」で映画デビュー。’49年「チャンピオン」で出世のためには手段を選ばぬ冷酷なボクサー役を好演しアカデミー主演男優候補。その後も「探偵物語」(’51年)、「悪人と美女」(’52年)、「炎の人ゴッホ」(’56年)などで冷たい側面を見せる主人公を演じ、スターの地位を確立した。ほかに「OK牧場の決闘」(’57年)、「テレマークの要塞」(’65年)、「大脱獄」(’70年)、「いくたびか美しく燃え」(’75年)、「ファイナル・カウントダウン」(’80年)、「愛に向って走れ」(’83年)など出演作多数。また’49年自らブライナ・カンパニーを設立、「ヴァイキング」(’58年)、「スパルタカス」(’60年)、「5月の7日間」(’64年)など大作をプロデュースし、’73年の「Scalawag」からは監督業にものり出すなど、映画人としても意欲的に活動。’96年脳いっ血を患い言語障害を負うが、’99年「ダイヤモンズ」で復帰。一方、著書「カーク・ダグラス自伝―くず屋の息子」(’88年)、初の小説「悪魔と踊る」(’90年)がともにベストセラーとなる。他に小説「The Secret」(’92年)、「Last Tango in Brooklyn」(’94年)、「Let’s Face It」(2007年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報