カーシム・アミーン(英語表記)Qāsim Amīn

世界大百科事典 第2版の解説

1865‐1908
エジプトの思想家,作家。出身は,ムハンマド・アリー朝下のチェルケス系支配層。ムハンマド・アブドゥフらのイスラム改革思想を〈自由主義的開明派〉の立場で継承した一人で,とくに《婦人解放論》(1899),《新婦人》(1901)によりイスラム倫理と西欧自由主義思想とを結合させようとした女性解放論者として有名。理想的文明は科学的だとするその立場には,歴史的な伝統によりイスラム自体が頽廃し,西欧の侵略がもたらされたとする,イスラム世界の危機意識が表明されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android