コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カースト制度

1件 の用語解説(カースト制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カースト制度

紀元前にインドを征服したアーリア人先住民を肌の色で差別したのが始まり。上からバラモン(司祭)、クシャトリヤ(王侯・戦士)、バイシャ(商人)、シュードラ(隷属民)に分けられ、その下に不可触民がいる。インド憲法カースト差別を禁じる一方、インド政府は不可触民を「指定カースト」、シュードラなどを「その他後進諸階級」と認定し、優遇策を講じているが、日常的な差別は解消されていない。

(2010-12-16 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カースト制度の関連キーワードアーリア人紀元前アショカ王インドアーリア語インドアーリアンコンキスタドーレスビス島フォリ・インペリアーリエルマカイトカーストと積極優遇政策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カースト制度の関連情報