コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カード・システム card system

1件 の用語解説(カード・システムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カード・システム【card system】

カードを用いた図書・情報などの整理システムノートとちがって,一定主題による組替え,追加が自由という利点があり,文献検索技術として発達してきた。外国では1820年,ロンドン電信技術図書館で最初のカード目録が作られ,くだって1898年アメリカ議会図書館では3インチ×5インチ(7.5cm×12.5cm)のカードを標準目録カードに決定した。日本にもカード方式は1890年(明治23)ごろに紹介されている。その後,内外ともにカードによる整理や学習方式は徐々に発達してきたが,日本では1950年代に京都大学人文科学研究所における共同研究に,B6判の統一規格のカードが用いられて,その成果が梅棹忠夫により一般に紹介されていらい急速に普及した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カード・システムの関連キーワードSFAカードシステムアナリストカード色管理システムgeographical information system図書カードETCによる料金徴収マースエンジニアリング高度情報システム日本システム開発

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カード・システムの関連情報