コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カード・システム card system

世界大百科事典 第2版の解説

カード・システム【card system】

カードを用いた図書・情報などの整理システム。ノートとちがって,一定主題による組替え,追加が自由という利点があり,文献検索技術として発達してきた。外国では1820年,ロンドン電信技術図書館で最初のカード目録が作られ,くだって1898年アメリカ議会図書館では3インチ×5インチ(7.5cm×12.5cm)のカードを標準目録カードに決定した。日本にもカード方式は1890年(明治23)ごろに紹介されている。その後,内外ともにカードによる整理や学習方式は徐々に発達してきたが,日本では1950年代に京都大学人文科学研究所における共同研究に,B6判の統一規格のカードが用いられて,その成果が梅棹忠夫により一般に紹介されていらい急速に普及した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カード・システムの関連キーワードレシップホールディングスコンピュータ史(年表)ユニットカードシステムパンチカードシステムフロッピーディスククレジット・カード非接触型ICカードよみうりランドカードシステムIBM[会社]スルットちゃんからくり人形機械化会計穿孔カード入出力装置ジャカール自動制御計算機械電子貨幣ホレリス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android