コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーボンオフセット(炭素相殺)とオフセット・クレジット(J-VER〈ジェイバー)制度

1件 の用語解説(カーボンオフセット(炭素相殺)とオフセット・クレジット(J-VER〈ジェイバー)制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カーボンオフセット(炭素相殺)とオフセット・クレジット(J-VER〈ジェイバー)制度

炭素相殺は、自らの出すCO2を削減できない場合に、別の場所で削減・吸収する活動に金を出して埋め合わせる考え方。J―VERは、CO2の削減・吸収量の信頼性を確保し、販売可能な権利として認証する制度。環境省が2008年11月に創設し、自治体や企業、NPOが参加している。

(2010-10-16 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーボンオフセット(炭素相殺)とオフセット・クレジット(J-VER〈ジェイバー)制度の関連キーワード動滑車ライフサイクル・アセスメントネッティングLCACO2二酸化炭素(CO2)排出原単位森林の二酸化炭素(CO2)吸収オフセット・クレジット(J―VER)制度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone