コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーボン・オフセット

1件 の用語解説(カーボン・オフセットの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カーボン・オフセット

個人や企業が排出するCO2などの温室効果ガスのうち、自らの削減努力だけでは対応しきれない部分を、削減につながる別の事業を後押しすることで相殺(オフセット)しようという考え。実際には、中間業者を介して、風力発電など自然エネルギーを購入したり、植林活動や省エネ活動に出資したりして、これらで削減されたCO2排出量(排出権)を購入することなどによって「帳消し」にする。

(2010-02-03 朝日新聞 朝刊 栃木全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーボン・オフセットの関連キーワード温室効果ガス排出枠いぶき温室効果ガス排出権排出権温室効果ガスと県の温暖化防止対策米連邦最高裁判決の主な内容温室効果ガス削減目標温室効果ガスの削減目標増える業務部門のCO2排出量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カーボン・オフセットの関連情報