カーヤスタ(英語表記)kāyastha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーヤスタ
kāyastha

インドのカースト。北インド一帯からムンバイ (ボンベイ) 周辺まで広くみられ,バラモンと同様に知的職業に従事し,政治・文化面で大きな勢力をもった。本来はサンスクリットで書記を意味し,グプタ時代からみられるが,10世紀頃から特定のカーストを意味するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android