コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーリカール Kārikāl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーリカール
Kārikāl

インド南東部,コロマンデル海岸にのぞむ地域。チェンナイ (マドラス) 南南西約 240km,カウベリ川デルタ上に位置し,ポンディシェリーマエ,ヤナムとともにポンディシェリー連邦直轄地を構成。 1739年タンジョールの藩王によりフランスに割譲され,その後イギリスとの間に争奪が繰返されたが,1817年にフランス領として確定,以後 1954年にインドに返還されるまでフランス領。米作中心の農業を主とし,海浜保養地でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android