コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールーン[川] Rūd‐e Kārūn

1件 の用語解説(カールーン[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カールーン[川]【Rūd‐e Kārūn】

イラン南西部を流れる川。ザーグロス山脈中央部のザルデ・クーフ山に源を発し,フージスターンの平原を蛇行して流れながらホラムシャフルシャット・アルアラブ川に合流しペルシア湾に注ぐ。全長850km。イランで唯一の航行可能な河川で,アフワーズより上流のバンデ・キールまで遡航することができる。1888年,イギリスリンチ商会が航行権を獲得してから汽船がペルシア湾から直接に運航されるようになり,20世紀に入ってマスジェデ・スレイマーン等で油田の掘削がはじまるとこの川の輸送ルートとしての重要性が高まり,ホラムシャフルの港が建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カールーン[川]の関連キーワードイラン高原ガロンヌ川子吉川コロンビア川シーラーズダモダル川ニジェール川カイラス山ベヒスタン留萌川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone