コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールーン[川] Rūd‐e Kārūn

世界大百科事典 第2版の解説

カールーン[川]【Rūd‐e Kārūn】

イラン南西部を流れる川。ザーグロス山脈中央部のザルデ・クーフ山に源を発し,フージスターンの平原を蛇行して流れながらホラムシャフルでシャット・アルアラブ川に合流しペルシア湾に注ぐ。全長850km。イランで唯一の航行可能な河川で,アフワーズより上流のバンデ・キールまで遡航することができる。1888年,イギリスのリンチ商会が航行権を獲得してから汽船がペルシア湾から直接に運航されるようになり,20世紀に入ってマスジェデ・スレイマーン等で油田の掘削がはじまるとこの川の輸送ルートとしての重要性が高まり,ホラムシャフルの港が建設された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android