コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カール・マルテル Karl Martell

1件 の用語解説(カール・マルテルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カール・マルテル【Karl Martell】

688ころ‐741
フランク王国の宮宰。エルスタルピピン2世の庶子。フランスシャルルイギリスチャールズ。その父の死(714)とともに,彼はメロビング家の諸王を相互に争わせて無力化し,自らアウストラシアを治めるとともに,ネウストリアブルグントをも事実上統一して,そのすべての宮宰職を握った。ザクセンフリーゼンチューリンゲンバイエルン等に遠征するほか,彼は732年にポアティエで,北上するイスラム軍を撃退し(トゥール・ポアティエの戦),その名を西欧キリスト教圏に高め,その勢いをかって,アキテーヌプロバンスにも手をのばした(737年と739年の遠征)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカール・マルテルの言及

【トゥール・ポアティエの戦】より

…732年にフランク王国の宮宰カール・マルテルが,フランス西部,トゥールToursとポアティエPoitiersの間において,イスラム教徒の軍を撃退した戦闘。729年スペインの地方総督アブド・アッラフマーン‘Abd al‐Raḥmān al‐Ghāfiqī(?‐732)に率いられたイスラム軍は,ロンスボー(ロンセスバリェス)の峠を通ってピレネー山脈を越え,ガスコーニュ地方を襲い,さらにボルドーを占領したうえ,ガロンヌ川右岸でアキテーヌ公ウードの軍を粉砕した。…

※「カール・マルテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カール・マルテルの関連キーワード宮宰西フランク王国東フランク王国フランク王国フランク族ベルダン条約メロビング朝カールマルテルピピンランゴバルド

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone