コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カール・マルテル Karl Martell

世界大百科事典 第2版の解説

カール・マルテル【Karl Martell】

688ころ‐741
フランク王国の宮宰エルスタルピピン2世の庶子。フランス名シャルル,イギリス名チャールズ。その父の死(714)とともに,彼はメロビング家の諸王を相互に争わせて無力化し,自らアウストラシアを治めるとともに,ネウストリア,ブルグントをも事実上統一して,そのすべての宮宰職を握った。ザクセン,フリーゼン,チューリンゲン,バイエルン等に遠征するほか,彼は732年にポアティエで,北上するイスラム軍を撃退し(トゥール・ポアティエの戦),その名を西欧キリスト教圏に高め,その勢いをかって,アキテーヌプロバンスにも手をのばした(737年と739年の遠征)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカール・マルテルの言及

【トゥール・ポアティエの戦】より

…732年にフランク王国の宮宰カール・マルテルが,フランス西部,トゥールToursとポアティエPoitiersの間において,イスラム教徒の軍を撃退した戦闘。729年スペインの地方総督アブド・アッラフマーン‘Abd al‐Raḥmān al‐Ghāfiqī(?‐732)に率いられたイスラム軍は,ロンスボー(ロンセスバリェス)の峠を通ってピレネー山脈を越え,ガスコーニュ地方を襲い,さらにボルドーを占領したうえ,ガロンヌ川右岸でアキテーヌ公ウードの軍を粉砕した。…

※「カール・マルテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カール・マルテルの関連キーワードトゥール(フランス中西部、アンドル・エ・ロアール県)リウトプランド(ランゴバルド国王)チューリンゲン(ドイツの地名)トゥール・ポアチエの戦いトゥール・ポアティエの戦フランス史(年表)ライヘナウ修道院ポアチエの戦いピピン[2世]クローデガングピピン[3世]ピピン(小)ブルクハルトメロビング朝カロリング朝フランス史アビニョンマルセイユ十分の一税ドイツ史

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android