コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガガンボモドキ(擬大蚊) ガガンボモドキ Bittacus nipponicus

1件 の用語解説(ガガンボモドキ(擬大蚊)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガガンボモドキ【ガガンボモドキ(擬大蚊) Bittacus nipponicus】

シリアゲムシ目ガガンボモドキ科の昆虫。細長い体と脚,長い翅,飛ぶときのようすなどガガンボに似ているため,こう呼ばれる。頭はくちばし状に長くなり,その先端に小さな咀嚼口(そしやくこう)がつき,シリアゲムシによく似るが,雄の腹は背側に曲げられないし,腹端のはさみは退化している。どの脚も体より長く,先端に大きなつめが1個だけつく。つめをたたみこんで物をつかまえる。淡褐色で,前翅長20mmほどで,関東地方だけに分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガガンボモドキ(擬大蚊)の関連キーワード大蚊牙虫ガロア虫擬鳳蝶蛾擬蟷螂擬天牛切蛆大蚊挙尾虫鶴擬鋏虫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone