ガガンボモドキ(擬大蚊)(読み)ガガンボモドキ(英語表記)Bittacus nipponicus

世界大百科事典 第2版の解説

ガガンボモドキ【ガガンボモドキ(擬大蚊) Bittacus nipponicus】

シリアゲムシ目ガガンボモドキ科の昆虫。細長い体と脚,長い翅,飛ぶときのようすなどガガンボに似ているため,こう呼ばれる。頭はくちばし状に長くなり,その先端に小さな咀嚼口(そしやくこう)がつき,シリアゲムシによく似るが,雄の腹は背側に曲げられないし,腹端のはさみは退化している。どの脚も体より長く,先端に大きなつめが1個だけつく。つめをたたみこんで物をつかまえる。淡褐色で,前翅長20mmほどで,関東地方だけに分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android