ガクウツギ(額空木)(読み)ガクウツギ(英語表記)Hydrangea scandens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガクウツギ(額空木)
ガクウツギ
Hydrangea scandens

ユキノシタ科の落葉低木。アジサイ属に属する。東海,近畿,四国,九州の山地の木陰に自生する。高さ 1.5m,若枝灰褐色。葉は対生し,質はやや薄く,長楕円状披針形で先は鋭くとがり縁に低鋸歯がある。5~6月,枝の先に散房花序をつける。花序の周囲には大きさが不同の萼片3~5枚からなる白色の装飾花があり,中央には淡黄緑色の小さい両性花を開く。両性花は萼片,花弁ともに5枚,おしべは 10本,子房は半下位で3~4本の花柱がある。コンテリギともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android