ガザに盲いて(読み)がざにめしいて(英語表記)Eyeless in Gaza

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガザに盲いて
がざにめしいて
Eyeless in Gaza

イギリスの作家オルダス・ハクスリーの長編小説。1936年刊。自叙伝的要素の濃厚な小説で、題名はミルトンの詩劇『闘士サムソン』からとられた。主人公アントニー・ビーブスは11歳で母を失い、それによって人間の有限性を悟り、虚無的な青年に成長してゆく。しかし、「自覚とは自己変革への本質的準備である」と悟り、また人間、生物、いやいっさいの存在は多にして一であるという信念を抱くことによって、ニヒリズムと無関心を克服して平和運動に飛び込んでゆく。[瀬尾 裕]
『本多顕彰訳『ガザに盲いて』全二巻(1961・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android