ガザ大規模攻撃

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ガザ大規模攻撃

イスラエル軍は2008年12月27日にガザへの空爆を始め、09年1月上旬には地上部隊も投入し、戦闘が激化。イスラエルが「煙幕効果のために使用した」とする白リン弾や、砲撃などによって人的被害のほか、国連関連施設にも被害が及んだ。イスラエル側は「ハマスが人口密集地に隠れたので作戦が難しくなった」と弁明している。同月18日、イスラエル、ハマス双方が攻撃停止を宣言、大規模な攻撃はやんだ。イスラエルによる攻撃では、ガザ側の市民ら約1400人が死亡。イスラエル側の死者は民間人を含め13人。

(2010-02-06 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android