コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガザ封鎖

1件 の用語解説(ガザ封鎖の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ガザ封鎖

総延長約75キロのガザ境界は、高さ数メートルの金網フェンスコンクリート壁でふさがれている。人や物の出入りができるのはエジプト側のラファを含め計5カ所の検問所だけ。住民はガザを「天井のない監獄」と呼ぶ。イスラエルは北端のエレズ検問所の上空からカメラ搭載の無人飛行船で監視。軍が境界線に沿った道路をパトロールしている。パレスチナ人が出入りするにはイスラエルやエジプトの許可が必要だ。物資搬入もハマスがガザを制圧した07年6月以降、極端に制限された。「停戦」から1カ月近くたった現在も、人道支援物資の搬入や農産物など一部の搬出が認められているだけだ。国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)によると、現在の搬入物資は全体で1日あたりトラック100台分程度。復興には建設資材を含め最低千台分は必要としている。

(2009-02-16 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガザ封鎖の関連キーワード圏央道尾長鮫木生羊歯トロポポーズ東京外郭環状道路横浜市電自転車タクシー九州新幹線鹿児島ルートJR飯田線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガザ封鎖の関連情報