ガジャ・マダ(英語表記)Gajah Mada

世界大百科事典 第2版の解説

ガジャ・マダ【Gajah Mada】

?‐1364
インドネシア,東部ジャワを中心に13~15世紀に君臨したマジャパイト王国最盛期の宰相。この国第2代の王ジャヤナガラの時代に内乱が起こり,王朝は一時危機に陥ったが,親衛隊長ガジャ・マダの活躍によって事態は収拾された。その後,彼は次第に昇進し,ジャヤナガラの死(1328)後,その異母妹トリブーバナ,さらにその子ラージャサナガラ(別名ハヤム・ウルク)の都合3代の王に仕え,1330年にはマパティ(宰相)に就任し,実に34年間その職にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android