コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガズニ朝 ガズニちょう

大辞林 第三版の解説

ガズニちょう【ガズニ朝】

アフガニスタンのトルコ系イスラム王朝(962~1186)。サーマーン朝の奴隷アルプテギンがガズニに建国。北西インドに侵入したが、セルジュク朝とゴール朝に圧迫され滅亡。ガズナ朝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ガズニ朝の関連キーワードアフガニスタンサーマーン朝ガズナ朝ゴール朝ガズナ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android