ガゼル(文学)(読み)がぜる

世界大百科事典内のガゼル(文学)の言及

【ウマル・ブン・アビー・ラビーア】より

…メッカの名門クライシュ族の富豪の出。富み栄えるメッカ・メディナの時代を反映し,形成されつつある教養人,知識人の代弁者となり,詩作においても恋愛の機微を盛り込んだ新詩ガゼルの推進者となった。ほとんど砂漠を叙することなく,都市在住の貴婦人や巡礼に集まる女性たちをうたい,懸想文で世人をうならせた。…

※「ガゼル(文学)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android