ガチョウ番の娘(読み)がちょうばんのむすめ(英語表記)Gänsemagd

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガチョウ番の娘
がちょうばんのむすめ
Gnsemagd

『グリム童話集』(第89番)の話。王女が遠くの王子へ嫁入りするとき、ファラダという馬に乗り、母から、指の血の3滴ついた小布をもらって、腰元を1人連れていく。途中の川で水を飲むとき、小布を水へ落としたため、王女は力を失い、腰元にファラダを奪われ、下女として王子の城につく。偽の花嫁は夫を唆してファラダを殺させる。下女姿の王女は皮はぎ人に頼んで馬の首を町の門に打ち付けてもらい、ガチョウを連れて通るたびに首と話をする。ガチョウ番の小僧からこれを聞いた父王は、下女姿の王女に、鉄のストーブの中で苦しみを告白させ、それを聞いて事情を知り、偽の嫁には、自分の悪業に自分で判決をいわせ、王子と正しい嫁を結婚させる。ヨーロッパにかなり広く分布する話で、グリム兄弟の重要な語り手、フィーマン夫人の語ったもの。[小澤俊夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android