コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッツ石松 ガッツ いしまつ

2件 の用語解説(ガッツ石松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ガッツ石松 ガッツ-いしまつ

1949- 昭和後期-平成時代のプロボクサー,タレント。
昭和24年6月5日生まれ。41年プロ入り。49年メキシコのロドルホ=ゴンザレスをKOでやぶり,WBC世界ライト級チャンピオンとなる。「幻の右」と名づけたクロスパンチで5度防衛。53年引退。31勝(17KO)14敗6分け。のちタレントとして活躍。栃木県出身。本名は鈴木有二。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

ガッツ石松


芸名
ガッツ石松

性別
男性

生年月日
1949/06/05

星座
ふたご座

干支
丑年

出身地
栃木県

身長
172cm

体重
79kg

ブログタイトル
今日も元気でOK牧場!

ブログURL
http://ameblo.jp/guts-ishimatsu/

デビュー年
1974

職種
タレント・俳優・女優/スポーツ/文化人/音楽

趣味・特技
ゴルフハンディ16)/バナナを食すること/動物との戯れ/日向ぼっこ

プロフィール
1949年、父・高四郎、母・ハツの次男として栃木県鹿沼市北半田生まれる。1965年、粟野町立第二清洲中学校を卒業。その2日後、上京。1966年3月、ボクシングの名門ヨネクラジムに入門。同年10月、プロテストに合格、12月のデビュー戦で1回KO勝ち。1968年、全日本新人王となる。1972年、東洋ライト級チャンピオン(2回攻防)、1974年4月11日、WBC世界ライト級チャンピオンとなり、連続5回攻防。1979年、プロボクシング界から引退。通算戦績51戦31勝(17KO)14敗6分。その後、出演したNTVうわさチャンネル」をきっかけに、スナック経営などを経た後、芸能界へ転身。ドラマ・映画・CM・ラジオで活躍するほか、CDや著書も多数。2008年からは、広島国際学院大学現代社会学部客員教授を務める。

デビュー作
映画『極悪拳法』

代表作品
映画『カンバック』制作・脚本・監督・主演 / 映画『ガッツ伝説・愛しのピットブル』主演 / 著書『生き残りケンカ哲学』(NP出版)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガッツ石松の関連キーワードガッツガッツポーズがっつ・くがっつりごっつ・いガッツ玉ちゃんガッツレーセコムラガッツラガッツくんガッツリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガッツ石松の関連情報