コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッワール油田 ガッワールゆでんGhawar oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガッワール油田
ガッワールゆでん
Ghawar oil field

サウジアラビア東部に位置する埋蔵量世界最大の油田。1948年アラムコがアインダール油田を発見,その後引き続いてファズラン油田,シャトグム油田,ウトマニヤ油田,ハウィヤ油田,ハラド油田を近隣地域で発見したが,これらが単一油田であることが確認され,1952年以降ガッワール油田と呼ばれている。1951年の生産開始後,1981年には原油生産量は日量 570万バーレルに達したが,その後は減退が報じられた。750億バーレルとされる究極的可採埋蔵量のうち,2005年末時点の累計生産量は 60億バーレル。生産された原油はアブカイク集油基地に送られ,アラビアンライト原油として出荷される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガッワール油田の関連キーワードルブアルハーリー砂漠アブカイク油田ブルガン油田ダンマームブカイクフフーフ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android