コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッワール油田 ガッワールゆでんGhawar oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガッワール油田
ガッワールゆでん
Ghawar oil field

サウジアラビア東部に位置する埋蔵量世界最大の油田。1948年アラムコがアインダール油田を発見,その後引き続いてファズラン油田,シャトグム油田,ウトマニヤ油田,ハウィヤ油田,ハラド油田を近隣地域で発見したが,これらが単一油田であることが確認され,1952年以降ガッワール油田と呼ばれている。1951年の生産開始後,1981年には原油生産量は日量 570万バーレルに達したが,その後は減退が報じられた。750億バーレルとされる究極的可採埋蔵量のうち,2005年末時点の累計生産量は 60億バーレル。生産された原油はアブカイク集油基地に送られ,アラビアンライト原油として出荷される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガッワール油田の関連キーワードルブアルハーリー砂漠アブカイク油田ブルガン油田ダンマームブカイクフフーフ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android