ガビチョウ(画眉鳥)(読み)ガビチョウ(英語表記)hwamei

世界大百科事典 第2版の解説

ガビチョウ【ガビチョウ(画眉鳥) hwamei】

スズメ目ヒタキ科の鳥。全長約25cm。一見かっこうがツグミ類に似た鳥で,背面と胸はオリーブ赤褐色,頭上から後頸(こうけい)とのどに黒い縦斑がある。腹は灰色。眼の上下,とくにに際だった白帯があるのが特徴で,名もこれに由来する。中国の中・南部,台湾,海南島,インドシナ半島などに分布し,とりわけ福建省広東省では多く,籠鳥としてごくふつうに飼われている。日本にも飼鳥として江戸時代からときどき輸入されるほか,中国画の影響を受けて,花鳥画に登場することもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android