コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガビチョウ(画眉鳥) ガビチョウhwamei

1件 の用語解説(ガビチョウ(画眉鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガビチョウ【ガビチョウ(画眉鳥) hwamei】

スズメ目ヒタキ科の鳥。全長約25cm。一見かっこうツグミ類に似た鳥で,背面と胸はオリーブ赤褐色,頭上から後頸(こうけい)とのどに黒い縦斑がある。腹は灰色。眼の上下,とくに眉に際だった白帯があるのが特徴で,名もこれに由来する。中国の中・南部,台湾,海南島,インドシナ半島などに分布し,とりわけ福建省や広東省では多く,籠鳥としてごくふつうに飼われている。日本にも飼鳥として江戸時代からときどき輸入されるほか,中国画の影響を受けて,花鳥画に登場することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ガビチョウ(画眉鳥)の関連キーワード吉村亜衣阿部明菜田中つぐみ氷川よし子SofieR.諏佐玄黒河広佳加瀬綾子羽舞咲上原恵麻

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone