ガブリエル マルセル(英語表記)Gabriel Marcel

20世紀西洋人名事典の解説

ガブリエル マルセル
Gabriel Marcel


1889.12.7 - 1973.10.8
フランスのカトリック思想家,哲学者
元・パリ大学教授,元・モンペリエ大学教授。
パリ生まれ。
1910年哲学教授資格取得。’1929年カトリックに入信。39〜40年パリ大学教授、’41年モンペリエ大学教授を歴任。又一方で文筆活動をおこない、劇作、詩、評論活動を通じて欧州思想界を指導し、その思想はキリスト教実存主義の立場をとる。’48年アカデミー文学大賞を受賞。’52年人文科学アカデミー会員。’57年、’66年来日。著書「形而上学日記」(’14〜23年)、「存在と所有」(’34年)、「旅する人間」(’44年)、「存在と神秘」(’50年)、戯曲「聖像破壊者」(’23年)、「壊れた世界」(’33年)、「密使」(’49年)等多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ガブリエル マルセル

生年月日:1889年12月7日
フランスの哲学者,劇作家
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android