コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガム・ユーフォルビア がむゆーふぉるびあ

世界大百科事典内のガム・ユーフォルビアの言及

【トウダイグサ】より

ハズや下剤として知られるヒマなど薬用となるものも多い。北西アフリカのEuphorbia resiniferaの乳液は,ガム・ユーフォルビアと呼ばれ,狭心症の治療薬として用いられた。珍奇な形態や美しい苞葉によって園芸的価値の高いものもあり,ヒマや,トウダイグサ属のハナキリン,ハツユキソウ,ポインセチアなどが栽培される。…

※「ガム・ユーフォルビア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android