コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガム・ユーフォルビア がむゆーふぉるびあ

世界大百科事典内のガム・ユーフォルビアの言及

【トウダイグサ】より

ハズや下剤として知られるヒマなど薬用となるものも多い。北西アフリカのEuphorbia resiniferaの乳液は,ガム・ユーフォルビアと呼ばれ,狭心症の治療薬として用いられた。珍奇な形態や美しい苞葉によって園芸的価値の高いものもあり,ヒマや,トウダイグサ属のハナキリン,ハツユキソウ,ポインセチアなどが栽培される。…

※「ガム・ユーフォルビア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android