コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラテア人への手紙 ガラテアびとへのてがみPros Galatas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラテア人への手紙
ガラテアびとへのてがみ
Pros Galatas

新約聖書中の一書で,使徒パウロが小アジア,ガラテアの諸教会にあてた手紙。『ガラテア書』ともいう。パウロは伝道のため2回この地を訪れている。この手紙の書かれたのは 55年から 56年頃エフェソスでという説が有力。パウロはこの手紙で,律法と自由の問題を取上げ,当時ユダヤ教からキリスト教に帰依した者が帰依後もユダヤ教の律法を固守し,他の改宗者に,旧約の律法を守り,ユダヤ人の習慣どおり生活することを強要したのに対し,人が神の恩恵により救われるのは,律法を守る業によるのでなく,福音と信仰によることを強調した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガラテア人への手紙の関連キーワードパウロ書簡バルナバ佐竹明

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android