コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガル(噶爾)県 ガルsgar; Gar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガル(噶爾)〔県〕
ガル
sgar; Gar

ガルトク (噶大克) ともいう。中国西南地方,チベット (西蔵) 自治区南西部の県。ガリ (阿里) 地区に属する。行政中心地はガルシンツン (噶爾新村) 。インダス川の上流センゲカンバプ (森格喀巴布) 川の支流ガル川の谷にあり,ラサ (拉薩) 市とカシミールを結ぶ交通の要地にあたる。早くからチベット西部の中心地で,1906年の中英同意書によって開市場となった。谷沿いにシンツァン (新蔵) 道路が通り,シーチュワンホー (獅泉河) はガリ地区の行政中心地である。南東部のミサル (門士) には炭田がある。人口 9381 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガル(噶爾)県の関連キーワードガリ(阿里)地区

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android