コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルーダ・インドネシア航空機事故

1件 の用語解説(ガルーダ・インドネシア航空機事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ガルーダ・インドネシア航空機事故

1996年6月13日正午過ぎ、福岡発インドネシアバリ島行きのガルーダ・インドネシア航空DC10型喫乗客・乗員275人)が離陸に失敗した。機体は飛び立つことなく空港外まで滑走して大破・炎上。乗客3人が死亡、乗客・乗員170人が重軽傷を負った。

(2006-01-26 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガルーダ・インドネシア航空機事故の関連キーワード正午午後午前過ぎない七日正月二十日正月昼過ぎ打過ぎる正午の茶事豊島区下水道事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone