ガローファロ(英語表記)Raffaele Garofalo

世界大百科事典 第2版の解説

ガローファロ【Raffaele Garofalo】

1852‐1934
イタリアの刑事法学者。ナポリ貴族家柄に生まれた。弁護士,裁判官など法律実務家としての経歴もあるが,ナポリ大学刑法刑事訴訟法などの教授も務めた。その主要な業績は,《犯罪学Criminologia》(初版1885,2版1891。フランス,スペインポルトガル,アメリカなどで翻訳された)で,あわれみや誠実さという愛他的感情ないし道徳的感受性に欠ける犯罪を〈自然犯delitto naturale〉とし,この観念を中心として刑事制裁を体系づけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android