コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンクビソウ(雁首草) ガンクビソウCarpesium divaricatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンクビソウ(雁首草)
ガンクビソウ
Carpesium divaricatum

キク科の越年草。山野に普通に生じる。高さ 30~60cmで直立し,葉腋から分枝して枝端に頭状花をつける。葉は卵状楕円形,柄があって互生する。頭状花は首を曲げて横向きになるので,キセルの雁首によく似ている。近縁種ヤブタバコなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android