コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンゲーシャ ガンゲーシャ Ganˈgeśa

3件 の用語解説(ガンゲーシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンゲーシャ
ガンゲーシャ
Ganˈgeśa

13世紀にインド中部のミティラーで活動した論理学者。『タットバチンターマニ (諦如意珠) 』 Tattvacintāmaṇiという膨大な論理学書を著わし,ナビヤ・ニヤーヤ学派の基を開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ガンゲーシャ【Gaṅgeśa】

13~14世紀ころのインドのミティラーの論理学者。生没年不詳。12世紀に不二一元論派シュリーハルシャが《カンダナ・カンダ・カーディヤ》の中でウダヤナなどの知識論を痛烈に批判したが,その批判に答えるために彼は大部の《タットバ・チンターマニ》を著した。この書は4章より成り,直接知,推理,類比,言語という四知識手段を各章に配当して詳論している。16原理の順を追う従来のニヤーヤ学派の叙述方法はここに廃され,すべての問題を四知識手段の問題領域の中に組み入れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガンゲーシャ
がんげーしゃ
Gagea

生没年不詳。13~14世紀ころのインドの思想家ニヤーヤ学派の学匠。不二一元論(ふにいちげんろん)派のシュリーハルシャがウダヤナなどの知識論を痛烈に批判したのに対し、その反論として『タットバ・チンターマニ』を著した。この書は4部よりなり、直接知、推理、類比、言語の四つの知識手段を各部にあてて詳論している。また、従来よりもはるかに厳密な定義法と術語体系を編み出し、ナビヤ・ニヤーヤ(新ニヤーヤ学派)を確立した。以後、知識論、論理学の研究は、この大著の注釈という形で展開されていった。[宮元啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガンゲーシャの関連キーワードティラーティラクバーダラーヤナバルーチキティランドクロノインクスビューティラボフィラーノートミティラー派ティラーエクステンション

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone