コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンゲーシャ ガンゲーシャGanˈgeśa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンゲーシャ
Ganˈgeśa

13世紀にインド中部のミティラーで活動した論理学者。『タットバチンターマニ (諦如意珠) 』 Tattvacintāmaṇiという膨大な論理学書を著わし,ナビヤ・ニヤーヤ学派の基を開いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガンゲーシャ【Gaṅgeśa】

13~14世紀ころのインドのミティラーの論理学者。生没年不詳。12世紀に不二一元論派のシュリーハルシャが《カンダナ・カンダ・カーディヤ》の中でウダヤナなどの知識論を痛烈に批判したが,その批判に答えるために彼は大部の《タットバ・チンターマニ》を著した。この書は4章より成り,直接知,推理,類比,言語という四知識手段を各章に配当して詳論している。16原理の順を追う従来のニヤーヤ学派の叙述方法はここに廃され,すべての問題を四知識手段の問題領域の中に組み入れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガンゲーシャ
がんげーしゃ
Gagea

生没年不詳。13~14世紀ころのインドの思想家。ニヤーヤ学派の学匠。不二一元論(ふにいちげんろん)派のシュリーハルシャがウダヤナなどの知識論を痛烈に批判したのに対し、その反論として『タットバ・チンターマニ』を著した。この書は4部よりなり、直接知、推理、類比、言語の四つの知識手段を各部にあてて詳論している。また、従来よりもはるかに厳密な定義法と術語体系を編み出し、ナビヤ・ニヤーヤ(新ニヤーヤ学派)を確立した。以後、知識論、論理学の研究は、この大著の注釈という形で展開されていった。[宮元啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガンゲーシャの関連キーワードインド哲学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android