コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガント ガントGantt, Henry Laurence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガント
Gantt, Henry Laurence

[生]1861.5.18. メリーランド
[没]1919.11.23.
アメリカの機械技師,経営コンサルタント。ジョンズ・ホプキンズ大学卒業。高校の機械学教師を経て,ミドベール・スチールへ入社,技師長 F. W.テーラーの助手から鋳造部長。のちに経営コンサルタントとしてベスレヘム・スチールにおいてもテーラーとの協力関係を維持し,"American Society of Mechanical Engineers"に管理論を発表,さらに第1次世界大戦中は軍需工場ですぐれた管理システムを実施した。また T. ベブレンの管理者論を支持して,彼の管理システムによるリーダーシップ論を展開し,新機械家運動を指導した。業績としてガント課業賞与制度とガント・チャートの創案がある。主著"Work,Wages,and Profits" (1910) ,"Industrial Leadership" (16) ,"Organizing for Work" (19) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガントの関連キーワード炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)ウェストンスウィフトダールマンタゴールチャーチ

ガントの関連情報