コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガント Gantt, Henry Laurence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガント
Gantt, Henry Laurence

[生]1861.5.18. メリーランド
[没]1919.11.23.
アメリカの機械技師,経営コンサルタント。ジョンズ・ホプキンズ大学卒業。高校の機械学教師を経て,ミドベール・スチールへ入社,技師長 F. W.テーラーの助手から鋳造部長。のちに経営コンサルタントとしてベスレヘム・スチールにおいてもテーラーとの協力関係を維持し,"American Society of Mechanical Engineers"に管理論を発表,さらに第1次世界大戦中は軍需工場ですぐれた管理システムを実施した。また T. ベブレンの管理者論を支持して,彼の管理システムによるリーダーシップ論を展開し,新機械家運動を指導した。業績としてガント課業賞与制度とガント・チャートの創案がある。主著"Work,Wages,and Profits" (1910) ,"Industrial Leadership" (16) ,"Organizing for Work" (19) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガントの関連キーワードインダストリアル・エンジニアリングnew eleganceフレグランスタブレットクリネックス システィ南西ドイツ室内管弦楽団プロジェクト管理ソフトP.T. ナムギャルアウストラロピテクスニュークチュールケーニヒスワルトギガントピテクスカタイシア植物群ギガントプテリスAQUALEAFディナージーンズガントレット 恒C. エイマンス天使よ故郷を見よ時と川についてメガントロプス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android