コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンマ・ユニット がんまゆにっとgamma unit

知恵蔵の解説

ガンマ・ユニット

開頭せずに脳や脳血管の病巣部を焼く放射線治療器。1968年、スウェーデンのL.レクセル教授らが開発した。ガンマ・ナイフとも呼ばれる。201本のコバルト60線源を半球状に並べると、焦点の病巣部には最高50グレイのガンマ線が集まる。誤差0.3mmという顕微鏡手術レベルの正確さで、手術不能な脳動静脈奇形脳腫瘍などが対象。96年4月から保険適用になった。

(田辺功 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ガンマ・ユニットの関連キーワードサイバーナイフ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android