コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーシュゴーリンの定理 Gershgorin's theorem

法則の辞典の解説

ガーシュゴーリンの定理【Gershgorin's theorem】

行列の固有値の大きさを評価するための定理.固有値の絶対値は,行の絶対値を各行ごとに求めたものの最大値以下である.また列の成分についても同じである.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android