コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガージープル ガージープルGhāzīpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガージープル
Ghāzīpur

インド北部,ウッタルプラデーシュ州南東部の町。ガージープル県の行政庁所在地。ワーラーナシ北東約 70km,ガンジス川北岸に位置。1330年からイスラム勢力の支配下に入り,重要な河港であった。イギリス領時代は軍事上重視され,当時の兵営跡にはバザール,教会,ゴーラクプル大学のカレッジなどが立地。香水製造,製粉搾油織物業などが行なわれる。周辺で米,サトウキビ,ムギ類,豆類が生産されるが,しばしば洪水と干魃に見舞われる。人口 9万5356(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android