コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーリン・ミハイロフスキー Nikolai Georgievich Garin‐Mikhailovskii

1件 の用語解説(ガーリン・ミハイロフスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガーリン・ミハイロフスキー【Nikolai Georgievich Garin‐Mikhailovskii】

1852‐1906
ロシアの作家。鉄道技師として働くかたわら,ナロードニキ運動に共鳴し,各地の農村を歴訪,その体験をもとに伝統的共同体に生きる農民の生活を小説にあらわす。《農村風景》(1894)はその代表作。また転換期に生きる知識人の運命を描いた自伝的四部作《チョーマの幼年時代》(1892),《中学生》(1893),《大学生》(1895),《技師》(1907)は,ゴーリキーによって絶賛された。中国,満州,朝鮮など東アジアをたびたび旅行し,《朝鮮,満州,遼東半島》(1899),《世界周遊》(1902)などの紀行文を著し,当時の根強い黄色人種劣等論を批判,東洋民族の才能・勤勉さを賛美した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガーリン・ミハイロフスキーの関連キーワードカラムジンプラトーノフレスコフ小ロシアBAM鉄道殺しあいプロシア王セットロシアの恋人増田礼作村上享一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone