コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キアバリ Chiavari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キアバリ
Chiavari

イタリア北西部,リグリア州ジェノバ県にある町。ジェノバの東南東約 30km,東部リビエラ海岸の丘に囲まれた肥沃な平野に位置する。古代ローマの軍営地跡に発展した町で,長く古代人文主義の伝統の中心地であった。現在は海水浴を中心とする観光地。また農産物の集散地。椅子製作,レースや絹製品の製造も盛ん。 13世紀に建てられた城や,ジョバンニ・バッティスタ聖堂およびビアリバロラやポルティチネリの屋敷など古い建造物がある。ローマ以前の前8~7世紀頃の大共同墓地が発見された。人口2万 8396 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android