コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キウロコタケ(黄鱗茸) キウロコタケStereum hirsutum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キウロコタケ(黄鱗茸)
キウロコタケ
Stereum hirsutum

担子菌類ヒダナシタケ目コウヤクタケ科のキノコ。広葉樹の枯れた材上に広がってつき,のちにそり返って半円形または扇形になり多数重なって瓦をふいたようになる。横倒しの材の下面などでは背で着生する。径1~3cm,ときに 10cmをこす大きな塊ともなる。子実体は革質,表面に短粗毛が同心円状に生え,淡黄色,下面は淡黄色または帯褐赤色。退色すれば黄色になる。この菌は著しい木材の白腐れを起す害菌で,しばしばシイタケ榾木 (ほたぎ) をもおかす。汎世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android