コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キエタ キエタKieta

3件 の用語解説(キエタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キエタ
キエタ
Kieta

パプアニューギニアブーゲンビル島中部南東岸の港町。北ソロモン州の州都であったが,パングナの鉱山開発後の 1975年にアラワが州都となった。銅をはじめコプラカカオの輸出港。アラワパングナを合わせて三つの町が一体として扱われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キエタ
きえた
Kieta

パプア・ニューギニア東端、ブーゲンビル島東岸の都市。人口3491(1980)。港は同国の主要港の一つである。銅資源開発によって建設されたアラワと事実上一体となっており、商業とサービスの機能を受け持っている。1968年から72年まで北ソロモン県の行政中心地であった。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone