キエタ(英語表記)Kieta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キエタ
Kieta

パプアニューギニアブーゲンビル島中部南東岸の港町。北ソロモン州の州都であったが,パングナの鉱山開発後の 1975年にアラワが州都となった。銅をはじめコプラ,カカオの輸出港。アラワ,パングナを合わせて三つの町が一体として扱われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キエタ
きえた
Kieta

パプア・ニューギニア東端、ブーゲンビル島東岸の都市。人口3491(1980)。港は同国の主要港の一つである。銅資源開発によって建設されたアラワと事実上一体となっており、商業とサービスの機能を受け持っている。1968年から72年まで北ソロモン県の行政中心地であった。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android