コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キエタ Kieta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キエタ
Kieta

パプアニューギニアブーゲンビル島中部南東岸の港町。北ソロモン州の州都であったが,パングナの鉱山開発後の 1975年にアラワが州都となった。銅をはじめコプラ,カカオの輸出港。アラワ,パングナを合わせて三つの町が一体として扱われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キエタ
きえた
Kieta

パプア・ニューギニア東端、ブーゲンビル島東岸の都市。人口3491(1980)。港は同国の主要港の一つである。銅資源開発によって建設されたアラワと事実上一体となっており、商業とサービスの機能を受け持っている。1968年から72年まで北ソロモン県の行政中心地であった。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キエタの関連キーワードアラゴン州のムデハル様式建造物ミサミスオクシデンタル州パプア・ニューギニアイスラム商人コンメンダ河西智美谷内合股会社

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android