コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キコブタケ(木瘤茸) キコブタケ Phellinus igniarius

1件 の用語解説(キコブタケ(木瘤茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キコブタケ(木瘤茸)
キコブタケ
Phellinus igniarius

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科の多年生キノコカバノキハンノキなどの広葉樹の枯れた幹に発生するのがよくみられ,汎世界種である。子実体は上面は一般に山形であるが,下面に厚くふくらむので,瘤のような感じがする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キコブタケ(木瘤茸)の関連キーワードハリタケ(針茸)えぶりこ猿の腰掛猪苓茯苓針茸シメジホウキタケアンズタケ(杏茸)サルノコシカケ(猿腰掛)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone