コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キコブタケ(木瘤茸) キコブタケPhellinus igniarius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キコブタケ(木瘤茸)
キコブタケ
Phellinus igniarius

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科の多年生のキノコ。カバノキハンノキなどの広葉樹の枯れた幹に発生するのがよくみられ,汎世界種である。子実体上面は一般に山形であるが,下面に厚くふくらむので,瘤のような感じがする。普通径 10~25cmであるが,大きなものは径 50cmに及ぶ。古くなると上面が炭化して黒色になり,下面は暗褐色。下面の子実層の孔口は非常に細かい。木材の白腐れを起す害菌であるが,この子実体は漢方薬的に利用できるともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android