コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キシュラーク qishlāq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キシュラーク
qishlāq

遊牧民の冬営地を意味するトルコ語起源の言葉。 qish (冬) の動詞形 qishla- (冬営する) に名詞形成接尾辞 -q を付したもの。 13世紀のモンゴル支配時代以降のペルシア語史書に頻出し,今日でもトルコ語 kişlakやペルシア語 qishlāqで用いられている。キシュラークは通常河川の下流域や山麓の温暖な地に設定され,遊牧集団は秋になるとヤイラークから移動を開始し,自己のキシュラークに向う。そこには越冬のために防風用の石積みや家畜の追込み囲いが設けられ,また燃料用に家畜の排泄物が集積されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android