コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キジノオ

海藻海草標本図鑑の解説

キジノオ

からだは扁平線状で明瞭な中肋を持つ。両縁には三角のトゲ状の小枝が規則正しく互生に並ぶ。分枝は互生的で角度は狭 く三角形の小枝と小枝の間から長い枝を出す。嚢果も小枝の間から出た特別な枝の先にできる。盤状付着器から円柱状の茎が単独または数本が直立する。横断切 片では中軸が明瞭で周囲は糸状細胞が密に囲み,皮層は内側から外側に向かい小さな細胞となる。手触りはやや硬めで弾力がある。生体は紅色〜濃紅色。押し葉 標本は台紙につく。一見、タマイタダキに似るがタマイタダキは枝や嚢果が小枝の間からではなく小枝の先端から伸びる。また、多少タマイタダキの方が柔らかい手触りになる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

キジノオの関連キーワードキジノオシダ(雉の尾羊歯)ヤマソテツ(山蘇鉄)キジノオ(雉の尾)キジノオシダキジノオゴケヘツカシダ雉の尾羊歯ヤマソテツ細葉雉尾縮緬貫衆雉尾羊歯アツイタオシダ科胞子葉山蘇鉄虎の尾鳳尾草環帯雉尾

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android