コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キジル石窟 キジルせっくつ

百科事典マイペディアの解説

キジル石窟【キジルせっくつ】

中国,新疆ウイグル自治区拝城県克孜爾(キジルKizil)鎮の南東7kmのクチャ(庫車)付近にある5―7世紀の仏教遺跡。イラン系のトカラ人の所産で,初期のものは方形の洞室にボールトをのせる形式と組上げ式天井の形式からなる窟寺で,内部壁画はガンダーラ美術を継ぐ。
→関連項目ショルチュク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キジルせっくつ【キジル石窟】

中国,新疆ウイグル自治区拝城県克子爾(キジルKizil)鎮の南東7km,庫車(クチヤ)県の西70kmにあり,ムザルト川左岸の崖面に開掘された,タリム盆地最大の規模をもつ石窟寺院。窟数236(1973現在)。1906年(グリュンウェーデル)と14年(ル・コック)のドイツ隊の調査で注目され,07年にはペリオが,28年には黄文弼が調査した。53,73年には北京大学を中心とする本格的な調査が行われた。石窟分布の詳細はドイツ隊の略図以外わからないが,北京大学は谷西,谷内,谷東,後山南・北の5群に分類した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キジル石窟の関連キーワード中央アジア美術クムトゥラ石窟仏画

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キジル石窟の関連情報